スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山で震度3(時事通信)

 29日午後8時18分ごろ、近畿地方で地震があり、和歌山県で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は同県北部で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は3.7と推定される。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度3=和歌山市
 震度2=和歌山県海南市
 震度1=和歌山県有田市、大阪府泉南市、兵庫県明石市、奈良県五條市。 

【関連ニュース】
関東北部で震度3
和歌山で震度3
茨城で震度3
30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部
復興方針の早期提示を=首都直下地震で

黄長ヨプ元書記 来月4日に初来日へ 拉致被害者家族らと面会(産経新聞)
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け-消費者庁(時事通信)
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化-警察庁(時事通信)
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)

郵貯限度額、修正に否定的=30日の結論目指す-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日午後の記者会見で、閣内で意見が対立している郵政改革案について「委員会などで答弁した数字は大変重いものだということをすべての閣僚も認識する中で、議論を進めることが必要だ」と述べ、郵便貯金の預入限度額を2000万円に、簡易保険の加入限度額を2500万円にそれぞれ引き上げるとした骨格部分の修正には否定的な考えを示した。
 また、首相は「来週の火曜日(30日)に全閣僚出席の下で議論を進めて、そこで結論を見いだせるようにしたい」として、30日に閣僚懇談会を開いて最終的な取りまとめを目指す方針を明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
「進退考えていない」=鳩山首相
普天間移設「極力県外に」=鳩山首相
鳩山首相「デフレ克服に全力」

東大阪の消防署で防火衣盗まれる 昨年も被害、防犯センサー戻し忘れ(産経新聞)
「先祖返りだ」郵政改革法案に自民が反発(産経新聞)
徳島の土地改良区横領、1億円の賠償命令(読売新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)

【十字路】京都の“嵐電”100周年記念(産経新聞)

 ◇…「嵐電」の愛称で親しまれている路面電車の京福電鉄嵐山線が25日、開通100周年を記念して、嵐山駅(京都市右京区)で式典が開かれた。

 ◇…同線は、明治43年3月に京都市内で開業。100周年を記念して、車体をこれまでの緑色とベージュのツートンカラーから紫色に塗り替えた。

 ◇…京福電鉄は、27日から1年間、休日ダイヤの実施日に小学生以下の児童の運賃を無料とするなど、さまざまな記念事業を企画している。

「新型インフル対策は成功」=政府諮問委員長が会見で総括(時事通信)
貿易黒字、9.2倍=13カ月連続プラス-2月(時事通信)
ライターの規制導入確実に=作業部会で業界同意-経産省(時事通信)
九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を-気象庁(時事通信)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)

小沢氏会見要旨(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の福岡市内での記者会見の要旨は次の通り。

 --参院選の改選2以上の複数選挙区での複数候補擁立に対し、党内から批判があがっている

 「批判の声はそんなに出ておりません。しんどいちゅう声は出てますけれども。方針は変えるつもりはありません」

 --前原誠司国土交通相ら閣僚からの党運営を批判について

 「国務大臣は国務について、専念していただければいいし、私どもは党務に、それぞれが全力を尽くすことが挙党一致であり、いい結果を生むものだ」

 --参院選のマニフェスト(選挙公約)の柱は

 「基本的に昨年の総選挙で掲げたものとまったく違うマニフェストちゅうことはあり得ない。政府の考えと実際の問題を踏まえて作っていくことになる」

 --事業仕分け第2弾の「仕分け人」に当選1回の衆院議員を参加させるか

 「1年生であろうが何年生であろうが、みんないい考えを持ち寄っていいものを作るということは当然で結構なことだ。政府のポジションを持って参加すんのか、政党の一議員として知惠を寄せ合うのかという持ち場の違いは当然ある」

 --郵政改革の方針をめぐり、閣内に意見の相違があるが

 「それはまさに政策論で、政府部内で早く合意ができるようにと党側としては願っている」

 --生方幸夫副幹事長や一部閣僚の党運営批判があるが、党内の結束は

 「そういう一、二の例はあるかもしれないが、民主党全体としてはみんなで協力しようという意識はますます強固になっていると信じている」

 --週刊誌でスキャンダルが報じられた中井洽国家公安委員長について

 「それはご本人にお尋ねいただきたい」

<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
クロマグロ禁輸否決 鳩山首相も築地魚河岸も歓迎(スポーツ報知)
首相、年金記録回復促進法案に意欲 参院予算委が社会保障・雇用で集中審議(産経新聞)
民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)

離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲(産経新聞)

 自民党離党を表明した鳩山邦夫元総務相(61)は16日、大型連休(GW)前の結成を目指している新党構想について、無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)との連携に強い意欲を示した。また、連携相手として挙げていた与謝野馨元財務相(71)とも意見交換した。

 鳩山氏は、都内で記者団に対し「平沼氏とは7割、8割以上は向かっている方向が一緒だと思う。大いに話し合っていきたい方だ」と述べた。衆院本会議場では与謝野氏や平沼氏と数分間話し合った。与謝野氏とは当初、本会議後に都内で会談する予定だったが、関係者によると、極秘に話し合える状況にないとして、後日会談することを確認した。

 平沼氏は国会内で記者団に対し、鳩山氏の新党構想について「今の政治に新しい流れを起こすことは賛成だ。(結成は)連休前でなく、3月末とか4月上旬とか早い方がいい」と理解を示した。ただ、連携の可能性は「話し合ってみないと今の段階では言えない」とも述べ、鳩山氏らの動向を見極める姿勢をみせた。

 平沼氏は平成17年、郵政民営化に反対して自民党を離党。昨年の衆院選後は城内実、小泉龍司両衆院議員と「平沼グループ」として活動している。

【関連記事】
小沢“敵失”にニヤリ 邦夫離党「戦わずして自民は自壊」
首相は「頑張って」と激励 鳩山邦夫氏が兄に自民離党を報告
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車
20年後、日本はありますか?

<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
検知管すり替え、警部補が呼気検査ミス隠し(読売新聞)
<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)
狭い介護施設も検討 スプリンクラー補助で厚労相(産経新聞)
公明、与野党協議は全党参加で=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。