スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)

 乗客106人が犠牲になったJR福知山線脱線事故で、長男の英也さん=当時(44)=を失った植木安さん(79)=兵庫県川西市=が2月下旬、歌集を自費出版した。40年近くにわたり詠んだ歌は、約1800首。その中に4首、英也さんを悼みつづった歌をしのばせた。《英也よ 安らかに逝(い)け 汝(な)がために 父はも哭(な)かむ 母はも哭かむ》。三十一(みそひと)文字に、亡き息子への思いを込めた。

 《あはれ英也 四月廿五日 九時十八分 四十四を一期 いのち了(おわ)んぬ》

 平成17年4月25日、英也さんは兵庫県猪名川町の自宅から大阪市内の勤務先に向かうため、快速電車の先頭車両に乗車していた。植木さんが変わり果てた英也さんと対面したのは、3日後の28日午後。息子の顔にそっと手を当てることしかできなかった。

 家族と音楽をこよなく愛した英也さん。妻と当時高校1年の長男、中学2年の次男を残して逝かざるを得なかった息子の無念さに、涙がこぼれた。

 《妻に子に いかばかり 心残りしか 無念を思(も)ひて 涙とどめず》

 翌29日早朝、目が覚めると英也さんへの思いが高まり、歌が自然と心に浮かんだ。30日の葬儀では、出棺の前にその4首を詠みあげようとしたが、涙があふれて声にならなかった。

 あれから5年がたとうとする今春、英也さんの次男も長男に続き、大学入った。事故を乗り越え、歩みだそうとしている孫たちの成長が頼もしい。あのとき息子に届けようとした4首を、600ページを超える歌集の巻末近くに「子を送る 四首」と題して収めた。

 最後の1首には、悲しみが2度と繰り返されないことを願い、死亡した運転士を含め、事故で亡くなった人全員への思いが込められている。

 《憶ふべし 失(う)せし人々 百七人(ななたり) 地の底ゆ聞く 慟哭(どうこく)の歌》

【関連記事】
JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き
鉄道17社 トップ訴追を重視「人ごとではない」
安全投資の比率は 鉄道事業者、全設備投資の「50%以上」が8割
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

特定外来生物のザリガニ、関東で初めて生息確認(読売新聞)
主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で-政府(時事通信)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)

予備費活用検討を指示=学校耐震化促進へ-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日午前の閣僚懇談会で、公立学校施設の耐震化を早急に進めるため、今年度予算の予備費の活用についての検討を川端達夫文部科学相らに指示した。これを受け、文科相は閣僚懇後の記者会見で「地方の実情をしっかり把握することから準備を始めたい」と述べ、早急に耐震化が必要な学校施設数などを見極めた上で、必要な予算規模について財務省と調整を進める考えを示した。 

不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場-放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)

村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第18回公判が15日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。14日に続いて被告人質問が行われ、村木被告は「取り調べ検事に調書の訂正を求めても応じてくれなかった。わなにはめられているんじゃないかと思った」と不信感をあらわにした。

 また、「取り調べ検事から『裁判で闘うと重い罪になる』『罪を認めないか』と言われたが、それは脅迫ではないかと思った」とし、「同じ公務員と思って信頼していたが、信頼が揺らいだ」と検察側を非難した。

 今回で証人尋問、被告人質問はすべて終了し、実質的な審理を終えた。5月13日の次回公判で証拠の採否について審理。26日に、検察側が一部証拠請求している厚労省元部長や障害者団体「凛の会」関係者らの供述調書の採否を決定する。

 弁護人によると、論告求刑公判は21日に、弁護側の最終弁論は29日に行われて結審。判決は9月上旬にも言い渡される見通しという。

【関連記事】
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判
検察側、「凛の会」元会長の再尋問請求 郵便不正公判第15回公判
郵便不正第14回公判、地検特捜部「適正な取り調べ」を強調
郵便不正公判 障害者団体発起人、偽証明書提出認める

<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)
住宅火災死者、6割超が高齢者―消防庁(医療介護CBニュース)
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず(産経新聞)
首相、村本さん死亡原因調査をタイに要望(読売新聞)
誤った警察発表、少年遺族「名誉毀損」 愛媛県に33万円賠償命令 松山地裁(産経新聞)

子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)

 東京都港区は9日、すでに死亡している子供計18人の「子ども手当」の受給奨励通知と申請書を誤送したと発表した。誤送されたのは16世帯。コンピューターを使って支給対象となる子供を抽出する際、死亡している子供を除外するプログラムがなかったためだという。区は関係者に謝罪するとともに、「誤りをチェックする仕組みを構築する」としている。

 区によると、区は6日、区内1万7585世帯に、子ども手当受給奨励通知書などを発送。翌7日に、死亡した子供の母親から「うちの子供は死亡しているのだが、どうなっているのか」との電話があり、誤送が発覚した。

 区によると、誤送したのは、これまで児童手当を受給しておらず、複数の子供がいる上に死亡している子供がいる世帯。

 区は児童手当未受給世帯のうち、子ども手当の受給対象世帯を抽出する際、死亡している子供をリストに記載しないようにプログラムを設定していなかった。

【関連記事】
【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ 
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
子ども手当、年2回面会に4カ月ごと仕送りチェック 外国人向け不正防止

<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談(時事通信)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
民主・輿石氏、「公約には優先順位つけたい」(産経新聞)
宇宙少女の夢かなった 「銀河鉄道」あこがれ胸に、山崎さん出発(産経新聞)

認知症予防財団 東京で設立20年パーティー(毎日新聞)

 財団法人「認知症予防財団」(大友英一会長)の設立20周年記念パーティーが30日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、関係者約120人が出席した。

【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人・著

 財団理事長の朝比奈豊・毎日新聞社社長が「認知症への偏見はなくなりつつあるが、安心して生きていける社会づくりが大切だ」とあいさつし、来賓の宮島俊彦・厚生労働省老健局長は「患者を社会の総合力で何とかしていかないと」と述べた。竹嶋康弘・日本医師会副会長、中島紀恵子・日本看護協会看護教育研究センター長らもあいさつし、アルツハイマー治療のワクチンを開発している田平武・順天堂大大学院教授は「治療薬ですべて解決するわけではない。根絶するまでがんばりましょう」と呼びかけた。大久保満男・日本歯科医師会会長や久常節子・日本看護協会会長のほか高橋裕・アメリカンファミリー生命保険広報宣伝部長らも出席した。財団ではシンポジウム開催や無料電話相談などを続け、09年にぼけ予防協会から名称変更をした。

【関連ニュース】
新型インフルエンザ:ワクチン3万回分余る 県医師会、国に買い取り要望 /山口
看護師:現場復帰を支援 離職者38人、防府の専門学校で研修会 /山口
時のひと:4月から県医師会長に就任する、金井忠男さん /埼玉

首相と小沢氏が2時間会談、稲盛和夫氏も同席(読売新聞)
日米外相会談の要旨 普天間問題、今後さらに議論(産経新聞)
「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
【Web】ユーザー1400人を社食に招待(産経新聞)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷-さいたま地裁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。