スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論-文科省(時事通信)

 鈴木寛文部科学副大臣は14日の記者会見で、公立小中学校の少人数学級化に向け、現在「40人」としている国の学級編成標準や、それに伴う教職員定数の在り方について議論を始める方針を明らかにした。同省政務三役は2月に開く学校関係者との意見交換を皮切りに検討を始め、8月末までに一定の結論を出す方針。現行の40人学級は1980年度に定められており、見直し方針が決まれば約30年ぶりの改正となる。
 鈴木副大臣は「(40人学級を)変えるべきだという話になれば、(関連法を)何らかの形でいじらないといけない」と述べ、早ければ2011年の通常国会に関連法案を提出する可能性を示唆した。
 学級編成標準は、義務教育標準法が定めた公立小中学校の1学級の上限人数。ただ、都道府県教育委員会は、国の標準の範囲内で独自に人数を定めることができ、実際には既に多くの自治体が40人を下回る学級編成に取り組んでいる。 

【関連ニュース】
事業仕分け・分野別ポイント
専修学校の指導内容充実へ=社会人らにも対応
事業仕分けの結果
事業仕分けの結果=行政刷新会議
ボール遊びのプログラム開発=子供の体力低下など背景に-JTL

【ゆうゆうLife】向き合って 前鳥取県知事・片山善博さん(58)(産経新聞)
医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
宮崎監督提案の公園デザイン展(産経新聞)
センター試験 あすスタート(産経新聞)
橋下知事、対北強硬姿勢を訴え 大阪で拉致問題集会(産経新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。